黒服(ボーイ)仕組み

黒服の3S(スリーエス)

投稿日:

「黒服の3S(スリーエス)」

黒服の3S(スリーエス)をご存知ですか?
キャバクラにおいて働くホールウエイターに欠かせない3S(スリーエス)。
黒服で始めて働く人にはまずホール業務をするにあたってこの3S(スリーエス)を知っておいてください☆
ただこの3S(スリーエス)は私の仕事の経験上2つありますのでそれも合わせてご紹介します。

3S(スリーエス)

1.スピード
2.スマイル
3.スタイル

1.スピード
2.スマイル
3.スマート

この2種類です☆
それでは解説をしていきます。

まずは1のスピードについて、ホール業務で黒服はホールを歩く時やテーブルでオーダーが上がった時にスピードが大切です。
素早く動く、わかりやすく言うとキレッキレっの動きですね。
逆にダメなのは走る事。
ホールで走っている姿はサービス業ではNGです。
なのでスピードを意識してホール業務をする事を心掛けてください。

 

次に2のスマイルについて、お客様と一番声を拾いやすいのはホールスタッフです。
お客様が御来店された時に交わす挨拶、テーブルでオーダーを受ける、お客様からクレームをテーブルで受ける。
常にホールにいるときは笑顔でいる事。
サービス業や飲食店ではその空間がすごく大切です。
1人が笑顔になって周りにも影響を促す。
スマイルはとっても大切な事なので覚えておきましょう。
あの有名なマクドナルドではメニューにスマイルが入っていることは皆さんご存知ですよね☆

 

次に3のスタイルについて、スタイルとは黒服の立つ姿勢と身だしなみについていっています。
黒服はホールに立つときは同じ場所に立たない事です。
ホールを色んな角度から見てホールやテーブルの状況を確認する。
店にもよりますが、同じ場所に3分以上立つことは基本NGです。
理由は見えていない死角で何かが起きてるかも知れないので場所を変えてみる事が大切。
合わせて身だしなみについてですが、ここでよくできていないポイントがあります。
身だしなみはよく上から頭髪、スーツと思いがちですがホールの一番重要なのは足元です。
もちろん頭髪とスーツの着こなしは大切ですが、なぜ足元が大切なのかを解説します。
それはお客様の立場にたってみればわかります。
座っているお客様にはどうしても足元が目線でいきます。
その足元が汚いとホールウエイターは汚いスタッフと見えてしまいますのでご注意を!
なので毎日ホールウエイターをする人は足元には気をつかうように意識して仕事に取り組んでもらえるといいです。

合わせてスマートも解説します。
スマートとは「かっこよく」仕事をする事です。
スーツで身だしなみを整えて仕事をしている訳だから、先ほどお伝えしたように身だしなみを整えてかっこよくホール業務をする事これが求められます。
例をあげるとトレンチを使った見せ方がわかりやすいです。
初めてのホール業務だとトレンチを覚えたての時にトレンチに沢山モノを乗せすぎでしまってすごくだらしない姿で運ぶホールウエイターがいますが3S(スリーエス)に当てはめるなら、半分で2回に分けて速く行った方が正しいです。
バランスが悪いホールウエイターは見ていてもダサいだけですからね。
是非覚えておいてください。

以上がキャバクラにおけるホールウエイターの3S(スリーエス)についての解説になります☆
今でもこの3S(スリーエス)の仕組みは変わらないのではないかと思います。
知らない人がいたら共有してお店を円滑に回してもらえると嬉しいです♪













-黒服(ボーイ)仕組み

Copyright© 黒服の本音。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.