モテる男

「モテる」9つのステップ

更新日:

thJZZX48V8.jpg

オレはモテたい!と悩んでるのであれば、その特徴をマネすることで簡単にモテる男になることができます。

 

そんな簡単にモテるわけがない!
そんな方法があるなら誰でもやってるはず。
どうせ俺にはきっと無理だから。

いえいえ、誰でも簡単に実践できる方法なのでご安心ください。
共通している特徴や条件はたったの9つだけ。
では、今回はモテる男の必須条件や女性が惚れて離さない男性の特徴をご紹介します。
間違いなく間違いない方法だから安心してついてきてほしい!

モテる男の必須条件や特徴の前に、1つお伝えしたいことがあります。
モテることとルックスは影響しません。
つまり、イケメンだからモテるとは限りませんし、ブサメンだからモテないとも限りません。
もちろん、カッコイイ男性の第一印象が良いのは当然です。
でもモテるかどうかはその人次第!
男性を前にすると女性の心の中では、

「こいつ、顔はカッコイイのに中身がダメだからモテないだろうな」

「イケメンじゃないけど男らしくて素敵な人」

といったふうに男性を評価することがよくあります。
でも、評価軸は顔だけではないのです。
そして、男性市場で人気の高い条件である、高身長、高学歴、高収入といった男性も同様です。
モテるかどうかはこれらの条件はまったく関係なく、これからご紹介する条件や特徴があるかどうかにかかっているのです。

 

thJBYCE48W.jpg

1. 「自信と余裕」

モテる男の1つ目の条件は、自信と余裕があること。
この条件は、どのモテ男性にも共通しています。
とにかくモテる男は自信を持っていて余裕があるのです。
自信と余裕は、行動・話し方・見た目などに表れます。
いつも堂々と背筋を伸ばした姿勢
人と話すときもまっすぐ目を見て話をする
ハキハキと話す
落ち着いている
細かいことにこだわらない
何かが起きても動じない
などです。
モテる男には必ず自信と余裕があります。
逆に言えば自信と余裕がない男はモテません。
ぜひ自信と余裕を身に付けましょう。
今日明日すぐ身に付くものではありませんが、男女関係なく多くの人とコミュニケーションを重ねながら、仕事や日常生活で成功体験を重ねていけば自然と身に付くはずです。

 

th79WKSA5A.jpg
2. 「スマイルが爽やか」

イケメンで無表情、
ブサメンで笑顔が素敵、
この2人の男性がいれば、モテるのは後者の笑顔が素敵な男性です。
無表情な人がクールで素敵という女性も中にはいますが、実際にデートを重ねていくと相手が何を考えているかわからず不安を感じる人が多いようです。
笑顔は相手に安心を与えます。
そして男としての武器になります。
武器となる笑顔は、目尻を下げて目を細めたクシャっとした笑顔です。
口を開けた大笑いも好感が持てますが、目尻を下げた微笑みに近い笑顔の方がより幅広い女性から好感を得ることができるのでマスターしよう。

 

images (19)
3. 「気遣い・気配りができる」

女性をエスコートするレディファースト、できてるかな?
恥ずかしいことではない!
レディファーストはまさに気配りの象徴、そして気配りができることもモテる男の特徴です。
気配りというのは、女性をたえず気にかけること。
女性のちょっとした変化に気づきその変化に対処してあげること、不都合がないか女性へ確認することなどです。
女性は気配りを受けると、どんな些細なことであっても安心と喜びを感じます。
この人は私をちゃんと見ていてくれる、私はこの人に守られていると感じるのです。
本当に小さなことでいいのです。
レストランでは眺めの良い席にさりげなく座ってもらう、並んで歩くときは自分が車道側を歩く、荷物を持ってあげるなどです。
女性は、ちょっとした気配りをしてもらうことで幸せを感じる生き物です。ぜひあなたが女性を幸せにしてあげましょう。
モテる男は悔しいほど自然と気配りをしています。

 

images.png
4. 「仕事ができる」

さて、あなたは仕事がデキる男ですか?
仕事がデキるかどうかは、職場で信頼されているかどうかでわかります。
「この案件は彼に任せよう」「彼ならチームをまとめられる」といったふうに名指しで指名があれば、あなたは仕事がデキる人です。
たいていの人は、1日の大半を職場や仕事に費やしています。
そしてどのような時間を過ごしているかで言動が変わってくるのです。
例えば、仕事のデキる人として過ごしていれば、自然と頼りがいのある雰囲気が出てくるものです。
また、仕事で成功していれば自信や説得力も身に付きます。
人は生きていくためにお金を稼ぐ必要があり、また社会貢献や自己実現のためにも仕事は大切です。
正しい方向性で地道に努力を重ねれば必然的に結果はついてくるもの、そう考えれば仕事を怠ける必要も失敗をして落ち込む必要もありませんよね。

 

th8XCX9U63.jpg
5. 「身だしなみ・ファッションを気遣っている」

身だしなみやファッションに気遣うのもモテる男の特徴です。
ただし、オシャレで流行の最先端、ブランド物で揃えるといった方法ではありませんのでご安心を。
キーワードは気遣いと清潔感です。
友人同士でキャンプへ行くのに、新品で高価なスニーカーを履いて行く人はまず気遣いが足りません。
TPOをわきまえた身だしなみ、相手へ無用な気遣いを与えない身なりが大切です。
そして清潔感は、当たり前のようでいて実践できていない男性があまりにも多いのが現実です。
まず、「清潔」と「清潔感」は同じではありません。
昨日洗濯をしたシャツであっても清潔感があるとは限りませんよね。
首元や袖がヨレや汚れがないか、全体的に着古していないかなどが印象を左右します。
モテる男はいつもこざっぱりとしたファッションに身を包んでいます。
一度手持ちの洋服を確認してみませんか?

 

thAO0A2TGH.jpg
6. 「女性に対してマメな男」

女性に対してマメな男はモテます。
もちろん、マメじゃなくてもモテる場合はありますが、モテる男性はたいていマメな男です。
ところでマメな男ってどんな男なのでしょうか?
マメな男の特徴
女性からのメールにすぐ返事をする
こまめに連絡する(毎日~少なくとも1日おき)
誕生日や記念日を忘れない
女性の変化や言動に敏感
きちんとその都度「ありがとう」を言う
ただし、マメな男になろうと頑張りすぎてしまい、ついうっとおしい男になってしまうこともあります。
こまめに連絡するといっても1日1.2回で十分なのに1時間おきに連絡したり、誕生日や記念日を想像以上に盛大なサプライズをしたりというのはうっとおしい男です。
マメな男になるには、自分の気持ちより相手の気持ちを優先させることが大切。

 

thLT2SDT0Z.jpg
7. 「会話で女性を楽しませれる」

女性、特に初対面の女性との会話が続かず悩んでいる人もいるかもしれませんが、モテる男は会話で女性を楽しませています。
女性に会話を楽しんでもらうためにはいくつか条件がある。
話し過ぎない
自分のことばかりを話す男は敬遠されます。
できれば会話の8割程度は聞き役に徹する気持ちで。
必ずリアクションをする
会話はキャッチボールですが、ボールを受け取ったら必ずリアクションを忘れずに。
リアクションがあると女性は安心します。
会話のネタを持っている
ネタというのは話題です。
話題さえあれば会話は永遠に続きます。
例えば、休日の過ごし方、好きな食べ物など。
女性の話を聞きながら軽く自分の意見も伝えられるように準備しておきましょう。
これらの条件をクリアできれば、会話で女性を楽しませることができるはずです。

 

images (23)

8. 「影響力がある・幸福度がある」

モテる男は総じて幸福度が高いことも特徴。
つまり、自分の生活に満足している、人生の充実を感じているということ。
ただし、1つ理解しておきたいことは、幸福度はあくまで自分のものさしで測るということ。
決してまわりとの相対評価ではありません。
あなたは自分の人生や毎日の生活に満足していますか?
幸福感は、小さな成功体験を積み重ねることによって得ることができます。
目標ややりたいことを1つ1つ実行していくのです。
頭の中でチェックリストをクリアしていくイメージですね。
そして、もう1つ。
モテる男は、自分だけでなくまわりを幸せにする力も持っています。
この人と一緒にいるとなんだか楽しいなあと感じさせる存在なのです。
人を幸せにする方法はとても簡単、自分が幸せを感じていることです。
幸福感はまわりへ伝染していくはずです。

 

thFGVLU5B2.jpg
9.「失敗を恐れない」

失敗を恐れない事がモテる上で大切です。
モテない男は共通点は同じ。
モテていないこと(女がいない事)で自信を失っています。
これで縮こまっていたら何も変わらない。
1~8の事が出来てもこの9.「失敗を恐れない」事を忘れなければあなたは今日からモテ男です。
可愛い子いたら1~8の事を踏まえアプローチ。
断られた・・・
相手の心理はどうでしょうか?
声を掛けられた。=「モテた」
実をいうと「モテる」と「女性へのアプローチ」は比例します。
失敗を恐れずアプローチをすれば必ず女はできる。
そもそも日本では声かける男性が少ない。
周りの目を気にしない事。
周りを気にしているのはあなただけですよ。
必ず「モテる」お約束します。













-モテる男

Copyright© 黒服の本音。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.