キャバクラ

「キャバクラ」

 

(MENU)
ブログ

「キャバクラとは?」
キャバクラってどのような認識がありますか?すごくシンプルに行きましょう。
キャバクラは女の子がお客様に営業を行う個人事業主です。
個人事業主だから完全歩合と似ているのだが少し違う。
そこに保証時給という言葉が出てくる。
あなたがお客様捕まえるまでの保証時給。だから結果が出せないと保証時給はなくなり時給査定後、低時給になる。
求人をみると即日体験入店可能時給6000円以上...7000円以上...8000円以上など良く書いてあります。
それが簡単にもらえると思う女の子もたまにいますが大間違い。
先ほどの説明を見ればわかる事ですが稼げないと出せません。
体験入店でお客様が呼べるなら出すでしょう赤字にはならないから。
それはすごく可愛いか...それでないと体験入店で高時給は難しいです。
すごく厳しい説明になるかも知れないが私はキャストとボーイの味方だ。
それだけは約束をしておこう。

本指名とは?

場内指名とは?

料金システムについて

 

【ネットキャバクラ情報なら】


「ポケパラ」
https://www.pokepara.jp/


「LuLine」

https://luline.jp/

 

 

「ポケパラ」

「ポケパラ」と「LuLINE」この2つをオススメしたい。

ただ情報としてみるのはありということで理解してもらいたい。
気を付けておくことでは「ポケパラ」はお店のランキングはアテにならない。
キャストさんの登録人数とブログ更新比率によってお店のランキングが上がるシステムだったかな前は今はわからないですが、、、女の子の順位もブログ相当好きでないと書かないだろう。

毎回思うのだがポケパラでブログ書くなら自分でアメブロとかやった方がまだいいと思う。
辞めたら消えてしまうから。

お店も力を入れてる店と入れてない店はわかりやすい。
だからポケパラサイトの上位はその系列店ばかりだ。

それを知ってしまうとお客様はつまらない。
ポケパラのイメージは画像が多い。
風俗いくならわかるがすごくシティヘブンネットとサイトが似ている。
まあ女の子のネットブログ営業といった感じかな。
応援サイトともいえる。
お店のいいねボタンもあるし。

ポケパラのメイン店舗はレベル的に下~中ぐらいが頑張ってる私のイメージだ。

もし高級店の女の子であればブログ書くぐらいならお客様に時間を使うかLINEで直接やり取りするだろう。

 

「LuLINE」

次は「LuLINE」ここはどちらかというと新宿(六本木)メインのキャバクラ高級店中心。
キャバクラのネットでモデルとかで有名な女の子も掲載されているだろう。
女の子の容姿を求めるなら間違いなく「LuLINE」からお店を選んだ方が可愛い子とめぐり会えるだろう。
ただこのサイトにも弱いところがある。
掲載店舗が少ない事だ。
ポケパラと比較するとかなり少ない。
それがもったいない所かな。
あとはキャストの撮影所が新宿風鈴会館にある。
ここはすごくてLINEで撮影した写真を宣伝すると写真名刺代無料です。
破格!!
今もしてるのかな?中の自動販売機ドリンク無料です・・・。
破格!!
まあ撮影所としても広く明るい。
スタッフの対応もよく撮影する場所としては最高だろう。
あと画像の修正ができる。恐ろしいぐらい可愛くなります(笑)
撮影データは1週間ぐらいで届くからそれをホームページで使う店も多い。
それとは逆に「ポケパラ」は自撮りが多い。
だから言い方悪いが風俗のサイトと似てる。
ただキャバクラのサイトとしては見やすくわかりやすいサイトだろう。

 

もう1つ嫌なサイトも紹介します。好きな人は好きかも知れない。キャストやお店の裏側を知るために2チャンネル投稿で探るサイト。

 

「ほすらぶ」

http://kanto.hostlove.com/

これは2チャンネル系の「ホスト・キャバクラ・風俗版」だから内容と中傷が酷い。
ただ見ると源氏名(キャストネーム)でボロクソに文句言われてるから誰がいじめられてかとか、誰が中傷されてるのがわかるサイトだ。
現役のキャストは仕事をする間は見ない方がいい。
匿名の中傷は悪い方向へしか向かわないから。
見て自分の名前が書いてあると誰が書いたのが探りたくなる。疑う訳だ。
それは真実性がないから負のスパイラルに入る。
お客様として遊びでみるのはいいが働いてるものとして見るのは辞めた方がいい。

 

「キャッチ・スカウト」について

 

「キャッチ」


先に言っておこう共に違法です。
しかし現状はまだまだ溢れるほどある。
キャッチについては警察もかなり手をかいてる。
見分けがつけようがないから。
だから当分消えないだろう。
歩き回る。ちょっとでも声掛けたらすぐに捕まえる事をキャッチに見せつけるとかしないと難しいだろう。
お客様にとってはどうだろうか?
居酒屋を出てふら~っと声をかけられて友人と行ったらボッタクられた。
ぼったくりをした店を抜きにして話します。
キャッチにお店の料金を確定させるなど口約束でしかないです。
親が子どもに怪しい人についていったら駄目だよと注意して自分がハマるからアホとしか言いようがない。
キャッチにはついて行かない事だ。
自分の足でそれか「ポケパラ」か「LuLINE」で探そう。
お店にとってはお客様を入れてくれからありがたいが警察にマークされる。
それは危険な兆候だ。
キャッチを使う店はリスクをしょってる事を知っておこう。
ただお店に連れていったのが覆面警察であってもキャッチは店を売らずにフリーのスカウトマンだと言う。
だから店は違うスカウトを雇う。
だからキャッチは消えることはないだろう。
誰もキャッチについて行かなければキャッチは消滅するだろう。

 

「スカウト」

次はスカウトだ。
漫画「新宿スワン」で流行りましたね。
ちなみにあのまんまです。あれ書いた人すばらしいです。個人的に大好きな本なので。。。ただ私はスカウトに需要があると思ってなかったんですよ。
違法なので肯定するつもりはないですがスカウトマンすごいです。
特に私の経験上すごいと思ったのが何件かあります。
スカウトされる女の子は女子大学生が多いです。
あとはフリーター18~20才ぐらい。
スカウトで入る女の子はスカウトに対して絶対的な信頼を持ってるのです。
スカウトはイケメン多いから一発やってんじゃないのか?
と思うぐらい洗脳されてた人が多かった。
女の子でスカウトを通して嬉しい事は1つだけです。
お店に一緒に行ってくれる。
そんだけです。
スカウトを通すとお店に採用しやすくなるとよくスカウトマンは言う人は思いますが全く違います。
理由は簡単お店はスカウトマンに採用したらお金を払わないといけない。
どうします?私なら逆に採用基準を上げます。
そして採用してもスカウトにお金を払わないといけないから女の子の体験入店時給は下げます。
ハッキリ言って損です。
だからスカウトは通さない方がいいです。
友達で私の知り合いにスカウトいるから紹介するよって言ってる人は要注意。
なんもわかっちゃいない。
けどスカウトしてる人は危険なのによくがんばると変な意味で関心してます。
けど結論はスカウトからキャバクラで働くのではなくお店を検索をして自分の足で働くお店探そう。

【キャバクラ関連項目】

本指名とは?

場内指名とは?

料金システムについて

370人以上のボディメイク担当・成功実績!【パーソナルジムFirst Body】

更新日:

Copyright© 黒服の本音。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.