キャバクラのエスコートについて

キャバクラのエスコートについて

更新日:

「キャバクラのエスコートについて」

にほんブログ村

ここではキャバクラで特殊な仕事である
「エスコート」
黒服の本音をここで詳しく解説しております。

 

キャバクラはお客様にお酒やおつまみをお出しし、キャストとの会話を楽しんでいただくお店です。
そのサービスはかつて流行した「高級クラブ」の流れを汲んでおり、きめ細かなおもてなしの姿勢が求められます。
今回紹介するエスコートスタッフの仕事は、まさしく、キャバクラが提供する「きめ細かなおもてなし」を体現するものといえるでしょう。
エスコートスタッフは、気配りの心をもって来店するお客様を「Escort(付き添い)」し、飲食やキャストとのひとときを気持ちよく楽しんでいただけるようサポートをします。
具体的には、どのようなサポートを行う仕事なのか、以下にまとめてみました。

「エスコートスタッフの仕事内容」
上記のように、エスコートスタッフはお客様の「付き添い」を行うのが仕事です。
来店されるお客様を席までご案内し、お帰りの際は入り口までお見送りします。
ただ横について歩くだけでなく、入り口ではお客様の荷物をお預かりし、冬場はコートなどもお預かりします。
荷物やコートは、お帰りの際に間違えずにお返しできるよう管理しておく必要があります。
また、気持ちよくお帰りいただくために、必要とあればタクシーを手配し、雨天の場合は傘をお渡しします。
お店によってさまざまですが、備品として雨天用にビニール傘をストックしているお店もあるようです。
そのほか、来店したお客様に料金の説明をしたり、お客様の席へキャストを連れていったり、最初のお酒の注文を聞いて配膳をしたりと、席が整うまでのさまざまな仕事をこなすことになります。
開店1~2時間前に出勤
上記の仕事内容を見ても分かるように、エスコートスタッフの仕事はホールスタッフと重なる部分が少なくありません。
傘など、エスコートスタッフが管理しておかなければならない備品もあります。
そのため、出勤時間や退勤時間、休憩時間はホールスタッフとおおむね同じです。
お店が開く1~2時間前に出勤して清掃や備品の確認を行い、お店が閉まったあともまた清掃、備品の確認を行います。
備品が足りない場合には、発注業務なども行うことになります。
営業時間の前後にそれぞれ1~2時間ほどプラスすると、エスコートスタッフの勤務時間が導き出されます。
仕事中に気をつけるべき点
きめ細かな気配りの心をもってお客様の「付き添い」を行い、席を整えること。
それがエスコートスタッフの仕事ですが、上手にこなしていくためにはいくつか気をつけるべき点があります。
ここでは、2点についてまとめています。

①予約状況を考えてエスコートする

キャバクラの店内には、さまざまな大きさの席が用意されています。
1~2人で来店するお客様のための席がある一方、3人以上のお客様が座れる大きな席があります。
たとえば、混雑が予想される金曜の夜、5人連れのお客様が1時間後に訪れるとしましょう。
そこで入ってきた2人連れのお客様。
エスコートするべき席は、当然「1~2人用の席」ということになります。
間違っても、「3人以上のお客様が座れる大きな席」に案内してはいけません。

②指名状況を考えてエスコートする

キャバクラでは、お客様がキャストを指名する場合があり、別々のお客様が同じキャストを指名することもあります。
この場合には、一方のお客様に指名キャストが付いている間は、もう一方のお客様にはヘルプのキャストを付けることになります。
さて、このときお客様同士の席が近かったら、いわば「もう一方のお客様」はライバルにお目当てのキャストを取られ、しかもその様子を近くで見せつけられている、という状況になります。
お客様を不快にさせてしまうことも考えられるので、なるべく席を離してエスコートするほうが良いでしょう。
それを実現するためには、「どのお客様がどのキャストを指名しているのか」というデータを、常にチェックしておく必要があるわけです。

【マナーを学んで昇格】
エスコートスタッフの給料は25~30万円が基本で、仕事に慣れていくと昇給も狙えるようです。
ここでいう「仕事に慣れる」とは、「接客マナーを身に付けてより向上させる」ということです。
マナーが向上すれば、その分お客様にさらに気持ちよくお店を利用してもらえるようになります。
その結果、お店に大いに貢献するということになりますから、当然ながら昇給が見えてくるわけです。
身に付けたマナーを新人スタッフに教える立場に昇格するということもあります。
スタッフを統括するマネージャー、そしてお店そのものを統括する店長へ……といった道も見えてきます。

 

【まとめ】
いかがでしょうか。
お客様のエスコートを専門に行うエスコートスタッフの仕事について、お分かりいただけたと思います。
「接客業の経験があっておもてなしのマナーには自信がある」という方は面接の際にその点をアピールできますし、もちろん「経歴不問」の仕事なので、未経験で挑戦することもできます。
興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてください!













-キャバクラのエスコートについて

Copyright© 黒服の本音。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.