枕営業について

キャバ嬢の枕営業について

更新日:

「キャバ嬢の枕営業について」

にほんブログ村

ここではキャバクラで謎な疑問である
「枕営業について」
黒服の本音をここで詳しく解説しております。

 

キャバ嬢は、時に枕営業をするものだと思われがちです。
実際に枕営業をしているキャバ嬢もいますから、このイメージはあながち間違っているとも言えません。
皆さんは「枕営業」と聞いてどう感じますか?
「そんなのするわけないでしょ!」
と思うかもしれませんが事実は違います。
お店によってはノルマや指名が取れないプライドなどで枕営業を内緒でしているキャバ嬢もいたりします。
しかし、枕営業はすべきではありません。
枕営業にはいろいろなデメリットがあり、結果的に自分の首を絞めることになりかねないからです。

【枕営業は実在するか?】
キャバクラの世界に接点を持つと、それがお客さんでもスタッフでもキャバ嬢でも、「枕営業」という言葉を必ず耳にすることでしょう。
キャバクラについてあまり知識のない人やキャバクラ初心者の中には、キャバクラというのはキャバ嬢を口説いてエッチに持ち込む場所だと思っている人もいます。
また、キャバ嬢を含めた夜の仕事をしている女性は、誰もが枕営業をしていると思っている人もいます。
実際のところ、枕営業をしているキャバ嬢もいます。
私が知っているキャバ嬢の中にも、たくさんいます。
インタビューした中でも、相手によっては枕営業をするというキャバ嬢はそれなりにいました。
しかし、枕営業をやっているキャバ嬢がいるということは、必ずしも枕営業をしたほうが良いというわけではありません。
私も、キャバ嬢に対してアドバイスをする立場から、枕営業はすべきではないという意見です。
キャバ嬢にとっての枕営業は、「百害あって一利なし」と思っているほどです。
なぜそこまで言い切れるのかということも含めて解説していきましょう。

【枕営業をしてもお客さんはつなぎとめられない】
私は、調査を兼ねていろいろなキャバクラに足を運ぶのですが、中には非常に親しくなるキャバ嬢もいます。
多くのキャバ嬢は仕事嬢の付き合いとして、それほど親しくなることはないのですが、中にはがあって仲良くなるキャバ嬢もいるのです。
その中の一人に、枕営業をしているキャバ嬢がいました。
彼女は非常に人柄もよく、私は大いに気に入ったキャバ嬢だったのですが、彼女はなかなか指名が取れずに悩んでいました。
お金がなくてキャバ嬢を始めたという理由もありましたから、彼女なりの焦りがあったのでしょう。
目前の指名欲しさに、お客さんと肉体関係を持つようになっていったのです。
しかし、枕営業をすると、その後お客さんをお店に来なくなるということがたびたびありました。
彼女は、お客さんをつなぎ止めたい、もっと指名が欲しいという思いから枕営業をしていたのですが、彼女の行為はどんどん裏目に出て行ったのです。
彼女はその後、キャバクラを辞めてしまいました。

【枕営業をすると損をする】
筆者も男ですから、お店から離れたお客さんの心理がよくわかります。
男性という生き物は、その昔、狩猟をして村の女性や子供を養う役割を担っていました。
そのため、男性は遺伝的に狩猟本能を持っています。
女性に対しても同じです。
意中の女性がいた場合、その女性とエッチができてしまうと、そのとたんに熱意は冷めてしまい、次の獲物に注意が向けられるようになってしまうのです。
これは、男性の本能的な部分ですから、仕方のないことです。
一度でも体を許してしまうと、お客さんはお店に来なくなります。
「もうこの女はおれのもの」という意識を持つようになり、お店でお金を使って会うのではなく、都合のよい時間にお店の外で会って、エッチをすることを考え始めます。
だからこそ、お店に来なくなるのです。
お店の外で会うことを拒否すると、お客さんは次の獲物を探して離れて行ってしまいます。
キャバ嬢の中には、枕営業によってお客さんをつなぎとめているキャバ嬢がいるのも事実です。
しかし、一度体を許してしまうと、それ以前とは関係性が変わってしまうのは間違いのないことです。
一見、お客さんとの関係がつながっているように見えても、お客さんが主導権を握った上で関係が続くことになってしまうのです。
本来ならば、お客さんとの関係はキャバ嬢が主導権を握っておかなければなりません。
指名欲しさに枕営業をしていては、結局は自分の首を絞めることになります。
それ以上に大きな問題もあり、キャバ嬢を続けられなくなるかもしれないという危険性があります。
上記のキャバ嬢も、これによってキャバ嬢を辞めることとなりました。
それは、人の噂です。お客さんからの発信やキャバ嬢からの発信などで、「あの子は枕営業をしている」という噂が流れてしまうことがあります。
このような噂は、面白半分に人から人へと伝わり、瞬く間に街中を駆け巡ります。
B級雑誌の中でも、アイドルの誰それが枕営業をしているなどという記事は、拡散力が強いものです。
すぐに広がってしまいます。
また、今はインターネット全盛の時代です。
キャバクラの利用者が書き込んでいるスレッドもあり、そのような掲示板では利用者同士がキャバ嬢やお店の情報を交換しています。
書き込みの中には「○ちゃんは指名してたらヤらせてくれる」などと書き込まれることもあります。
そのような掲示板は、キャバクラ利用者からキャバ嬢やスタッフまで広く見ている可能性があるため、枕営業の事実はたちまち広がっていくことになります。
「枕営業」
そのような噂がお客さんに伝わってしまうと、もう収拾がつかなくなります。
お客さんたちは、キャバクラで夢を買っています。
お客さんのなかには、指名するキャバ嬢に癒されているお客さん、応援しているお客さん、清楚なイメージを持って疑似恋愛を楽しんでいるお客さんなどいろいろいるわけですが、本人の実像とは違うイメージを作り上げて楽しんでいるのです。
しかし、そのキャバ嬢が枕営業をしていると分かれば、お客さんは嫌悪感を抱きます。
今まで疑似恋愛を楽しんでいた、つまり妄想の中で自分の彼女的ポジションだったキャバ嬢が、他の男性に体を許したとなれば、一気に冷めてしまうのです。
これは、恋愛禁止のアイドルグループに所属するアイドルに彼氏がいることが分かったり、合コンに参加したことが分かれば、ファンが激怒して離れて行くのと同じことです。
そればかりではなく、枕営業をしていることが分かれば、お客さんの間ではそのキャバ嬢が所属するキャバクラそのものがそのような気風なのかと疑われることにもなります。
一人のキャバ嬢が枕営業をすることによって、お店のキャバ嬢全体が枕営業をしているかのように思われてしまう可能性があるのです。
そうなれば、お店、スタッフ、同僚のキャバ嬢に迷惑がかかることになり、もはや一人の問題では済まされなくなってしまいます。

【お客様は男だ=獣】
基本的には、お客様は獣です。
あなたが枕営業をする気がなかったとしても、スキあらばエッチしたいと思っているお客さんは多いのです。
何でも好きなものを買ってあげるから、今以上に指名してあげるから、ブランド物のバッグを買ってあげるからなどなど、いろいろなことを持ちかけて口説いてくるお客さんは、どこにでもいるものです。
中には、キャバ嬢を落としてエッチをすることをゲームのように楽しんでいるお客さんもいます。
黒服の私が知っている人の中にも、とにかく経済力があり、お金の力でキャバ嬢を落として肉体関係を持っている人がいます。
エッチしたいだけならば風俗に行けばよさそうなものですが、それではつまらないのだそうです。
本来はエッチできないキャバ嬢とエッチするということに意味を見出しているのです。私は、縁あってその人と一緒の席で飲んだことがあります。
そのお客さんからすれば、キャバ嬢を何人落としたか、ということは武勇伝なのですから、しきりにそのような話をしてきます。
黒服の私は何度か「ハメ撮り」の画像を見せられました(泣)
スマホで撮影してるから余計にリアル。
正直気持ち悪かったのを覚えています。
私は全く興味がないし、むしろ「汚い遊び方をする人だな」としか思っていませんから、彼は無視して、私についてくれたキャバ嬢と話していました。
すると、場が温まってきたとき、彼はおもむろにデジカメを取り出してキャバ嬢に写真を見せ始めました。
私も見ましたが、その写真というのが、キャバ嬢と写っている写真であり、「この子たちね、俺が今まで落としたキャバ嬢なんだ」と得意げに話していました。
もちろん、周りのキャバ嬢たちは顔には出さないものの、かなり引いていました。
もちろん、私も「この男とは今後付き合わんどこう」と思いました。
そう思われたところで、彼には経済力があり、自信にあふれていたので、何も気づかない風でしたが・・・。
彼のように、キャバ嬢を口説いて肉体関係を持ったことを、手柄のように自慢しているお客さんは少なくありません。
もし、そのようなお客さんと枕営業をしてしまい、武勇伝として語られたとき、「あれ、その子って○(店名)の子じゃないですか?」などとなれば、噂が広がるきっかけになってしまいます。
非常に危険なことなのです。
私が黒服して担当していた売れっ子キャバ嬢の中には、枕営業を一回もしていないという人もたくさんいます。
というか枕営業しない方が稼いでる人が多いです。
愛人契約を持ちかけられたものの断ったというキャバ嬢もたくさんいます。
もちろん、枕営業をしたことがあるという人もいますが、相手はかなり慎重に選び、変な噂が立たないように注意していますし、「今では、枕営業なんてしなくてもよかったと思ってる」というキャバ嬢がほとんどです。
お客さんとの関係が深くなり、同伴やアフター(特にアフター)をしていると、お客さんから枕営業を持ちかけられる機会は出てくると思います。
しかし、そこでお客さんをうまくあしらい、お店に通い続けてもらうように仕向けることができれば、案外お客さんをつなぎとめられるものです。
経験が浅いうちは、あしらうのも一苦労かもしれません。
しかし、そのような場面で簡単に体を許すことなく乗り越えていくことができてこそ、プロのキャバ嬢になっていくことができるのです。

「お客さんを好きになったら?」
例外的なことですが、あなたがお客さんのことを本気で好きになることもあるかもしれません。
そのような場合、お客さんも本気でいてくれるならば、そのお客さんとお付き合いするのもよいでしょう。
肉体関係をもっても、なんら問題はありません。
キャバ嬢も元を正せば女性なのですから、恋心を抱くこともあります。
恋愛は個人の自由ですから、それをとやかく言われる筋合いはありません。
そんなときには、大いに恋愛したらいいのです。













-枕営業について

Copyright© 黒服の本音。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.